CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
カラーセラピーの色数とお客さんのタイプ
0
    今日はとっても寒かったですね〜。

    起きたらちょっと雪が積もってて、びっくりしました。



    今日のコンサルのお客さまは、

    10色のセンセーションカラーセラピー。

     



    お話しているうちに、

    1つのことから10のことを感じ、色んなことの違いが気になり、

    カラーや音楽が好きで、こだわりも強い方だと判明。

    この人には、10色では足りないんじゃないかな〜?

    という思いが湧いてきました。



    そこで、カラーバリエーションが30種類くらいある

    オーラソーマを紹介してみたところ、とっても興味を持ってくれて、

    次回はオーラソーマで、という話になりました。



    今日のように、色数のバリエーションを決めることも、

    カラーセラピーには大事なんだなーと思ったことが、

    今までも何度かありました。

     
    e0181993_211675.jpg



    昔、資格を取ったばかりの頃にデイケアセンターで

    カラーセラピーのボランティアをしていたときは、

    24色の色鉛筆でも「こんなにあったら選べないねぇ。。」と

    言われることがとっても多くて、

    それ以来、私の法則では、お年寄りへのベストな色数は

    8〜12色ということになっています。



    あと、細かいことは気にしない人、めんどくさがりな人、

    生活の中のデザインやアートがそんなに大事な要素でない人も、

    色数が多くない方が良い(選びやすい)ように感じます。



    これまでだいたい、

    スピリチュアルなメッセージを求めてる人にはオーラソーマ、

    そういうものに抵抗がある人にはセンセーションっていう

    分け方をしてたけど、



    「最初に大元の色数(選択肢の数)を決める」っていう視点を持つと、

    よりその人に沿ったカラーセラピーになるかもしれないなーと、

    思いました。



    なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*

    カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座
    | カラーセラピー | 23:34 | comments(0) | - |
    色を選べないとき
    0

      選びたくても選べないときは、選ばなくていい。
      選べないのにも、理由があるから。
      答えは、あとになって、必ずわかる。



      なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
      カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座
      | カラーセラピー | 21:06 | comments(0) | - |
      パッと目に飛び込んで来る色
      0


        あなたが、「なにかヒントが欲しい」と思っているときに、
        もしもパッと目に飛び込んできた色が気になったら、
        きっとその色は、あなたに必要なメッセージを持っています。

        例えば、オレンジが目に留まって妙に印象に残ったら、
        それは「社交の場に出る」というメッセージかもしれないし、
        グリーンだったら 「喜怒哀楽の感情を味わう」ということかもしれません。

        そんな風に気になる色があったときは、その色の意味を
        こちら でチェックしてみて下さい ☆



        なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
        | カラーセラピー | 00:05 | comments(0) | - |
        人と会って「気」が疲れるときは「ディープレッド」がおすすめです。
        0


          特定の人と会うと精神的に疲れるとか、
          相手に「気」を吸い取られているような気がするとか、
          人ごみにいると気分が悪くなるという人は、
          ディープレッドのポマンダー(オーラソーマ社)がおすすめです。

          「気」的な疲れやネガティブさを感じるという現象は、
          自分のエネルギーが相手より弱く、
          相手の影響をモロに受けてしまっているために起こります。

          赤ちゃんや子どもとずっと一緒にいると疲れるという話をよく聞きますが、
          それも同じで、赤ちゃんや子供は大人よりもエネルギーレベルがずっと強く、
          エネルギーレベルが強い人は、意識しなくても弱い人からエネルギーをもらっています。

          こういう状況に対処するには、自分の「気」を養って、
          根本的なエネルギーレベルを高めて、
          相手から影響を受けない(=吸い取られない)ようになるしかありません。
          この現象には個人差があり、
          自分よりエネルギーが強い人と一緒にいても疲れない人ももちろんいます。
          タイプ的には、他人の影響を受けやすい人や依存心が強い性格の人は、
          「気」が吸い取られやすく、疲れやすいそうです。

          ディープレッドは、カラーボトルには使われていない色なのですが、
          「全オーラソーマプロダクツの中で、最も強力なグラウンディング効果がある」
          とされている、特別なものです。

          通常、「グラウンディング」はレッドのお役目ですが、
          ディープレッドは、より霊的な、心霊的な部分のグラウンディングをサポートします。

          色の意味には存在のエネルギーレベルを示すものはありませんが、
          ディープレッドはその部分の強化や保護をしてくれます。

          昔お墓だった場所に行くとか、もともとの滋場がネガティブだとか、
          心霊方面の影響から身を守りたいときにも助けになるそうなので、
          そういったことに敏感な人やそういう環境で働いている人にもおすすめです。

          なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
          | カラーセラピー | 16:39 | comments(0) | - |
          センセーションカラーセラピーボトルの変色4
          0
            とうとう・・・
            仕事先のローズ(一般にはマゼンタピンク)のボトルも変色しました。

            センセーションカラーセラピーのローズは少しくすんだ色味なのですが、
            そのくすみはそのままに、モスグリーンになりました。

            購入してから5ヶ月の間に変色した歴代ボトル3本。
            右から、ローズ、ヴァイオレット、パープル(一般にはロイヤルブルー)です。

            変色したのは、すべて全部レッドとブルーで構成されている色。
            変色の仕方に、含まれている色の量の法則があるみたいです。

            ボトルが置いてあるスペースの白熱灯の照明がレッドに影響したのでしょうか。。
            でもレッドそのもののボトルやオレンジのボトルは変化していないから、
            レッド+ブルーって組み合わせにも、成分的に何かあるのかもしれません。

            変色に法則があるなら、今後のために知りたいなぁ。
            ちなみに自宅にあるボトルは、毎日朝陽に当たっているけど平気です。

            過去の変色経緯はこちら ↓
            センセーションカラーセラピーボトルの変色3
            センセーションカラーセラピーボトルの変色2
            センセーションカラーセラピーボトルの変色1

            Happy Color.Labo
            | カラーセラピー | 17:10 | comments(0) | - |
            頭の使いすぎや不眠には「ヴァイオレット」がおすすめです。
            0

              常に何かを考えたり判断をして頭を使っている人は、頭脳がおつかれの傾向があります。
              そんな人におすすめの色は、ずばり、「紫」です。
              ヴァイオレット。

              紫は、頭頂部の第7チャクラの色でもあります。
              カラーセラピーでもヴァイオレットを良く選ぶ人は、
              直感も大事にするけど考えすぎる傾向もあり、頭を酷使している人が多いです。

              頭の使いすぎは、心の疲れにつながるので、
              紫の服を着てみる、紫のお花をながめる、紫のパワーストーンを持ってみる、
              プライベートのメモは紫のペンを使ってみる、携帯画面を紫のものに変えてみる、
              などなど、いつも紫が視界に入るような心がけをしてみましょう。
              紫色が脳にかかりすぎたストレスを優しく癒してくれます。

              さらに、脳がいつもフル稼働している人は、なるべくたくさんの睡眠をとって
              脳を休めることも効果的です。
              ぐっすり眠れるように、軽い運動をして体の筋肉(とくに足の筋肉)を使ったり、
              就寝時間にカフェインの覚醒効果が残らないように気をつけたりすると、
              よい眠りが得られ、脳も休まります。
              (カフェインは、コーヒー1杯で約5〜8時間ほど覚醒効果が続くそうです。)

              ヴァイオレットのハーブやポマンダーの香りを嗅いだりするのもおすすめです ♪

              なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
              | カラーセラピー | 23:38 | comments(0) | - |
              センセーションカラーセラピーボトルの変色3
              0
                今度はパープルのボトルが変色しました。
                (センセーションのパープルは、センセーション独特の呼び名で、
                一般的にはロイヤルブルーやインディゴの色味になります。)

                変色後の色は、またまた深いグリーン。
                左後ろにあるこの間、ヴァイオレット→グリーンに変わったボトルに比べると、
                ちょっと青みがかっているかな。
                パープルはヴァイオレットよりも青の要素が多いからでしょうか。
                (青と赤で構成されたボトルが同じように変色するいうことは、室内環境が原因??)


                パープルは、前回ヴァイオレットが変色した時点では、
                なんともなかったのになぁ。。


                またオーラソーマの理論になってしまいますが、
                ボトルの変色って、基本的に、
                波動(バイブレーション)のエネルギーの影響を受けて起こるんですよね。
                ボトルをなるべく直射日光にさらさないようにっていうのも、
                太陽光の電磁波に影響されるからなんです。

                人間からもバイブレーションは出ていて、
                分かりやすい物質で言えば熱(体温)とか水分とかもそうだし、
                電磁波に影響されるエネルギーフィールドもそうです。

                音や香りを含め空間には必ず何かしらの振動が起こっていてエネルギーが発生しているので、
                そこにあるだけでボトルはなにかしらの影響を受けているんですよね。

                オーラソーマ社では、その色々な波動の影響を受けて表面色が変わっても
                本質となる色のエネルギーには影響しないように作っているので、
                ボトルが変色や褪色をしても、もとの色の意味でコンサルするのです。

                センセーションにはそういうインフォメーションはないんですが、
                見た目がここまでハッキリとグリーンだと、
                「もともとはヴァイオレットだったので、これはヴァイオレットなんですよ。」
                って言っても、説得力ないんですよねー・・・。

                う〜ん、こまった。

                実は、ローズもこれまでの2本と似たような変色しそうな兆しをみせているので、
                来週また、変わってたら・・・と思うと、ちょっと心配です。。。

                なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
                | カラーセラピー | 16:03 | comments(0) | - |
                セルフメディケーションとカラーセラピー
                0
                  先日、「セルフメディケーションに活かすカラーセラピー」という内容でちょっと文章を
                  書いて欲しいと、お世話になっている仕事先からお話がありました。
                  いい機会なので、文面はそれとは違いますが、
                  前から感じていたことをちょこっと書いておこうかと思います。

                  「セルフメディケーション」という言葉は、聞いたことはあるでしょうか?
                  「Self(自分自身)で Medication(投薬する、薬物治療をする)」という意味で、
                  処方箋を持たずに薬局やドラッグストアで自分で薬を買うことだそうです。

                  医療の現場では、
                  「医師が処方する薬は専門医のケア、患者が自分で選んで薬を買うのはセルフケア」
                  という定義があるようですが、
                  「セルフメディケーション」は、そのセルフケアの部分に薬剤師さんを登用し、
                  私たちがドラッグストアやコンビニなどで薬を買うときに、
                  より効果の高い薬選びや服用・使用法や治療指導をしてくれるのだそうです。

                  「セルフメディケーション」は、あくまでも医療行為ですが、
                  そこにあえて、医療行為と言うことができないカラーセラピーをからめていくとしたら、
                  どういう役割になるでしょうか?

                  治療と言ってはいけない立場のカラーセラピーやアロマテラピーや各種療法にも、
                  現代医療に関わる立場から期待されたり求められる役割はあります。

                  それは、「未病」や「事前のストレスマネジメントで病気を防ぐ」こと。
                  「医療としての治療の効果を最大限に生かせる心身の環境づくり」です。

                  メンタル面の不調は、その人のネガティブな感情傾向の強さとイコールです。
                  生き物は、ネガティブな感情に陥れば陥るほど免疫機能も低下し、
                  体調を崩しやすくなるので、それをエネルギー転換し、
                  まずは心の側面から、健康になるように導いて、ケアしていくのです。

                  未病に欠かせない肉体のケアとしては、
                  栄養バランスの取れた食事と、筋肉を使い、血行をよくするための運動も大事です。
                  適度な運動をして血行がよくなると、脳の働きもよくなり、
                  さらには煩悩を発散させる効果もあるので、メンタルケアにもなります。

                  日本は世界の中ではまだ恵まれた医療制度が整っているけれど、
                  セルフケアという考えも、だいぶ広がってきているので、これからもどんどん、
                  カラーセラピーや各セラピーが必要とされる場が増えていくことと思います。

                  なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
                  | カラーセラピー | 18:10 | comments(0) | - |
                  センセーションカラーセラピーのボトルの変色2
                  0
                    先週、ヴァイオレット→グレーに変色したボトルが
                    さらに変色し、
                    グリーンになりました。



                    変色したボトルって、モノとしてはやり場がなくて困るところもあるんだけど、
                    オーラソーマでは変色したボトルをアルケミー(錬金術)ボトルと呼んでいたりして、
                    良いものに取って代わったプロセスを歩んだボトルという扱いになるので、
                    なんか、どこかかわいい存在になります。
                    「あなたは変わったんだね〜」、「変化を教えてくれたんだね〜」みたいな。

                    センセーションカラーセラピーは、変色したらこういう状況にあるサインかも、とか
                    変色しても基本的には元の色の意味でセッションするとか、
                    システムとしてのインフォメーションがないので、
                    自分でコンサルテーションに来た人の反応を見て分析していくしかないですねー。
                    ( ↑ ご存知の方や、私はこう思うという方がいましたら、情報提供お願いします!)

                    なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
                    | カラーセラピー | 15:47 | comments(0) | - |
                    センセーションカラーセラピーのボトルが変色しました・・・
                    0
                      仕事先の、日本製のバイオレットのボトルが変色しました。



                      もはやヴァイオレットのおもかげはなく。

                      これは、グレーとみなすべき?それともブラック?
                      小学校の書道の時間に、自分で墨をすったときの色に似ているなー。
                      (私の墨は、なぜか薄かったのです・・・)

                      ほんの1週間、テーブルに置きっぱなしにしてしまっただけで。
                      1週間の間に、たくさんのエネルギーをあげたのね。

                      購入してからまだ1ヶ月なのに、

                      というか、

                      センセーションのボトルも変色するんだなぁ。。

                      1ヶ月って、なにげにオーラソーマより早いです。(←ちょっとショック。)
                      自然のものが原料だと、変色は避けられないのかな。

                      ちなみに、私のオーラソーマのマイボトルは、
                      実はかなり日当たりのいいところに置いていて、
                      毎日直射日光(特に朝日)に毎日照らされていたけど、
                      購入して2年くらい経ったときに、1本色が薄くなった程度だったんですよ。

                      う〜ん。。

                      いっそのこと、1色追加でブラックとして解釈して使っちゃおうか。。。
                      なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
                      | カラーセラピー | 18:10 | comments(0) | - |
                      | 1/2PAGES | >>